blog di moriy

blog
travel
movie
profile
home
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

自転車にハマりました(3)

ようやく納車時の話です。(→前回

その前に、実は夫婦2人で自転車熱が急騰した直後、
本当に買っても乗るんだろうか?と、
一緒にママチャリに乗って片道10km程をゆっくり走ったんですが、
45〜50分程で走れたことや、意外とポタリングが楽しかったこと、
想像以上に自転車で行ける範囲が広いことを実感し、
これが購入への大きな後押しになりました。

で、納車です。
F.I.G bikeのある恵比寿から自宅の高島平まで20km弱あるんですが、
ウチには車が無いので自転車を積んで帰るとか出来ません。
レンタカー借りるのも馬鹿馬鹿しいし。
でも、この時の経験から休憩入れても2時間もあれば帰れるだろうし、
少しでも早く乗りたかったもんですから、乗って帰ることにしました。
ただ、納車日については店舗は21時まで営業しているものの、
遅い時間に初めて20kmを走るのもどうかと思い、昼間にしようと。
奥さんの休みの日で最短で予定が空いていたのは、
購入から2週間後の8月26日でした。

ところがその待ちに待った26日。
15時頃店に着いて、サドルを合わせ説明を受けていると、
暑いくらいの晴天だったのにわずか30分程で突然豪雨に…。
結局その日は雨は止まず乗って帰るのを諦め、電車で帰宅。
しかし、奥さんの次の休みまでもう待てず(笑)、
翌日27日、仕事帰りの彼女と待ち合わせて20時過ぎに恵比寿へ。
店に着くなり挨拶もそこそこに自転車を奪うように走り始めました。

この瞬間、初めて乗り始めた訳ですが、
数分後にはその乗り心地(で良いのかな?)に驚いていました。
東京都心は起伏が激しく至る所に坂道が多いですが、
F.I.G bikeを出てすぐも結構な上り坂に直面しました。
今までのママチャリ時代のイメージで行けば、
気合いを入れて立ちコギをするか、押して歩くかという感じの坂。
それが、なんて言うか「軽い」んです。全体的に。
座ったままスイスイ行けてしまう。
勿論電動アシスト付では無いのでそれなりに力も要るし、
ギアを下げる訳なのでスピードも出ないのですが、
(上り坂では電動チャリによく抜かれます)
想像を遥かに超えた「軽さ」の感覚がありました。
随分前から自転車に乗ってる人達からは、
「驚く程軽い」と言われてましたが、
これは自分で乗ってみないと解らないと思いました。

上り坂でそんな感じですから、
平坦な道での軽さ、スピードの出方は「空を飛ぶ」感じです。
フリクションロス(摩擦抵抗による損失)が相当少ないんでしょう。
なんせ初めて20kmを帰ろうと漕ぎ出したので、
出来るだけ体力を温存するため常に軽目のギアを選択して、
なるべく一生懸命漕がないようにしていた訳です。
それでもママチャリを1.5倍くらいのスピード差で抜いて行ける。
人で溢れかえる夜の都心の雑多な歩道を横目に、
車道を軽快に抜けて行ける優越感も含めて、気持ち良い感覚でした。

結局、恵比寿〜高島平は途中で一回休みましたが、
走行時間の合計は1時間15分くらいでした。
ほとんど疲れは無く、ただ『漕いでいるだけ』なのにエラく楽しかった。

僕は大学1年の夏、当時はバイクより車の方に魅力を感じつつも、
金銭的な理由だけで二輪の中型免許を取ったんですが、
いざ乗り始めた直後、バイクに対する意識が180度変わりました。
コレ、凄く面白い…と。
今回、そのときの記憶を四半世紀振りに思い出しました。
バイクは今でも乗れば乗る程楽しいですし、
その理由はやはり身体を使って乗る乗り物という部分が大きいです。
自転車も(ちょっと意味が違いますが)やはり身体を使って乗りますし、
機械的には究極的にシンプルであることも魅力で、
今後長い間ハマりそうな予感がします。

何にしても(かなり)安い買い物だったのは間違い無いです。
BRUNO 700c tourとVIVO Bellissimo
シンプル・イズ・自転車。 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

自転車にハマりました(2)

前回からの続きです。

さて、何年もくすぶっていた“自転車微熱”が急に発症した理由ですが、
実は奥さんも同時に自転車を買うことになったのです。
彼女は僕と違って自転車熱があった訳ではありませんでした。
BianchiのMilanoという街乗り自転車が一応ありましたし。
(何年も青空保管でロクに整備もせず…で、かなり痛んでましたが)

ところがこの夏のある日、何の気無しにたまたま2人で入った店で、
何故か2人が2人ともそれぞれ気に入った自転車を見付けてしまい、
「なんとなく欲しいなぁ」としか思っていなかった僕も含めて、
すっかり自転車熱が高まってしまったのです。
ちなみに2人とも『O型』です。

その時僕は、イタリアの『Pinarello(ピナレロ)』に惚れたのですが、
まず、お目当ての完成車価格が13万円近くもすることや、
やはり元々シンプルで細いクロモリフレームに惹かれていたことと、
街中を普段着で乗れるモノを探していたんだと思い直し、
その日からネットや本屋で自転車の情報を集めまくった結果、
それから3日後には、心はすっかりBRUNOになっていました。
一度13万円と思った頭には、7.7万円が異常に安く思えたことや、
今年カタログ落ちして店頭在庫のみだったことも手伝い…。

彼女が気に入ったのは台湾の『GIANT』のものでした。
アルミフレームの軽さを生かした現代的な構成でしたが、
鉄フレームの様なデザインでレトロな雰囲気がありつつ、6.8万円!。
(正直、僕もこっちでも良いなぁと思ったくらいです)
ただ、そこで見た車両はカスタム作業中でオリジナルとは少し違い、
お客さんのモノなので股がることも出来なかったので、
それから一週間後、奥さんとGIANTのショップに行きました。

しかし、案の定と言うか、もしかしたら…という事態が現実に。
カスタム車と比べちゃダメですが、やはりイメージが違う。
フレームの色は同じなのにこうも印象が変わるのか…と言うくらい。
その上、いざ股がってみると明らかにハンドルが遠過ぎる。
(GIANTのショップの人ですら疑問を感じている設定でした)
勿論、諸々身体に合うパーツに換えれば乗れますが、
完成車『6.8万円』だから「買える!」と思えた訳です。
彼女のワクワク感が急にしぼんで行くのが解りました。
なんだか可哀想なくらいに。

その雰囲気の中、言い出し難かったのですが、
折角BRUNOが置いてある店を調べたので、
一緒に見てみよう…と行くことにしました。

そして数十分後、恵比寿のF.I.G bikeです。
僕がBRUNOを舐めるように見て、股がってサイズを確認し、
「(良いなぁ〜。欲しいなぁ…)」と口に出さずに悩んでいると、
彼女は丁度BRUNOの隣に並んでいた自転車を指差して、
「ワタシ、コレ、買ウ」と、
日本語を覚えたての外国人のよう発してました。
つい数十分前まで激しく落ち込んでいたとは思えない程の笑顔で。
えっ?ホントに?今日買うの?…と、逆にこっちが狼狽えました。

彼女が指差したのは↓コレです。
VIVO Bellisimo
デンマークの新鋭ブランド『VIVO(本国ではVIVA)』の
『Bellissimo』という名前の自転車です。

僕も『VIVO』は自転車情報を調べていたとき見つけて気になっていて、
結構良いデザインだなぁ〜なんて思ってたので、
(チェーンガードのデザインとか秀逸です。さすが北欧デザイン)
売値が『9.45万円→6.3万円』となっていたのも大きく、
(BRUNO+VIVO=Pinarello+1万円…と脳内)
その日に即購入を決めました。
「今日買うのは1台じゃ無く2台だよね?」と一応念を押し。

まぁ、そんなこんなの自転車購入決定でした。
彼女の定休日に合わせて納車日を決めて、
2人で恵比寿まで取りに行くことになりました。

続く。
シンプル・イズ・自転車。 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

自転車にハマりました(1)

数年前、クロスバイクなる自転車が流行り始めた頃から、
街中をゆらりと散歩的に乗るのに良いなぁ〜なんて思ってたんですが、
でも、今やってることでも金が足りないってのに、
必需品では無い余分なものを買う余裕がウチには無い。
近所の買い物ならカゴ付きのママチャリの方が便利だろうし、
バイク(オートバイ)があるから自転車で遠くには行かないだろうし、
ちょっと良いのを買うと盗難や駐輪場で傷付けられたりするのを気にして、
結局普段はあまり乗らなくなるんじゃ無いかなぁ〜なんて思うと、
『やっぱり勿体無い』と物欲を押さえてました。
まっ、なんとしてでも欲しい!と言う程じゃ無かった訳です。

それが突然、この8月に買ってしまいました。
『BRUNO(ブルーノ)』というスイスのブランドの『700c Tour』というモデル。
7.7万円也。
Bruno 700c Tour
今まで乗ってた(まだピカピカのまま持ってますが)ママチャリが2万円程。
12〜13年前にブランド不明の前後サス付きマウンテンバイクを買ったときでも、
確か4〜5万円程だったので、
個人的にはそれなりに勇気が要りました。自転車に8万円…は。
しかし、そこそこのパーツをそこそこのフレームに組んだだけでも、
最低でも十数万円以上になってしまう世界です。
8万円程度じゃ、高くも良くも無いレベルなんでしょうねぇ。

まぁ、上を見ればどの世界でもキリが無いですが、
とにかく欲しいのは、街で『普通に』乗れるお洒落で若干軽い自転車です。
僕が基準にしたのは…
・クロモリフレーム(鉄の丸いパイプを繋いだ昔ながらの三角のフレーム)
・車重は出来れば11kgまで(鉄フレームではこれより軽くなると途端に金額が…)
・シフトレバーは昔ながらの『ダブルレバー』(フレームに直付けのヤツ)

ひとつだけ悩んだのはハンドルです。
クロスバイク的でポジションは楽だけど姿勢を変えられないフラットバーと、
握る位置の自由度が高いけどブレーキが遠くて前傾になるドロップハンドル。
長年バイクに乗っているので、前傾ポジション自体がキツいことも、
楽な姿勢でも長時間固定されることの辛さも知っているので、
どっちが本当に楽なのか?で悩みました。

実はこれを僕の中で決着させてくれたのもこの自転車でした。
『700c Tour』には『補助ブレーキレバー』なるものが着いていたのです。
Bruno 700c Tour ハンドル周り
これなら普段握るであろうハンドル手前を持ったままブレーキを使える上、
更に『ダブルレバー』がダウンチューブでは無くハンドルポストにあるので、
操作が遠いという通常のダブルレバーの欠点もかなり薄れます。
ハンドルポスト付近の見た目が少しゴチャっとしますが理想的な形で、
ドロップハンドルのこの自転車をすんなり選べました。
(両方とも市販パーツが存在するのを後で知りましたが)

BRUNOは元々20インチ程の小径自転車(ミニベロと言います)の専門で、
そのアイコンでもある若干レトロな雰囲気の細いクロモリフレームと、
ベタっとした少し落ち着いた色合いがお洒落なブランドです。
そこが2〜3年前からこの様な一般的な26インチや700cのツアラーや、
同じノリのマウンテンバイクを出し始めました。

ところが、いざ店頭在庫を探してみると、
この『700c Tour』は2011年モデルを最後にカタログ落ちしていて、
8月頭の時点で店頭には既に2012年モデルが並んでいる状況でしたので、
BRUNOを扱っているほとんどのショップで完売していました。
当時、まだ購入を決めてませんでしたが、
ようやく辿り着いた結論のような自転車だったので、
どうしてもホンモノを見たくて輸入代理店に直接電話してみました。
京都の会社だったのですがそこがとても親切で調べてくれて、
まだ在庫がある(であろう)板橋から一番近い店を教えてくれたので、
早々に見に行くことにしたのです。
恵比寿の『F.I.G bike』という店です。

結果的にはそこで買うことになったのですが、
その話は、また次回。
シンプル・イズ・自転車。 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)