blog di moriy

blog
travel
movie
profile
home
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 結婚5周年記念旅行/モンパルナスの朝市 | main | 結婚5周年記念旅行/マレ地区でランチと… >>

結婚5周年記念旅行/ヴァンヴの蚤の市

 一通り楽しんだ朝市から、メトロでヴァンヴへ移動。

 ザッとではあったけど青空市場を楽しめたことに一応満足して、メトロ13号線のゲテ(Gaîté)駅を探して歩き始める。駅はすぐ側のはずなんで、路線の真上の道路を歩いていれば入口が見つかるはず。
モンパルナスのアパートの壁の絵
(↑なんかこのアパートの壁の写真、昔も撮った気がする…)

 たまたまゴミ収集車の作業風景に出くわしたんだけど、ガッチャンガッチャンと収集車の後ろに付いている大きなアームが、ゴミ入れの容器を高々と持ち上げて自分のゴミを収集する様が面白かった。
 このシーン、手持ちのミラーレスカメラ(FUJIFILM X-Pro1)で動画を撮っていたので写真が無い。今回の旅からムービーを撮ることに少しチャレンジしたんだけど、当然カメラ1台では全く同じシーンは写真か動画のどちらかしか撮れない。まぁ、2台あったからって僕一人じゃ結果は同じだろうけど。仮に今流行りのGoProの様なウェラブルなアクションカムを使えば動画は勝手に撮れるだろうけど、そういうのを撮りたい訳じゃ無いしなぁ(それはそれで面白いけど)。
 それと、あまりカメラの動画機能を使ったことが無かったけど、想像以上に使い勝手が悪すぎた。偶然マトモに撮れたときはさすがレンズとセンサーが良いので凄く綺麗な絵なんだけど、その“マトモに撮れる”場合が極端に少ない。とは言え映像に投資する余力は色々無いし、優先順位は低いんだけど、撮るとフラストレーションが少し溜まるから困ったもんだ。

 ゲテ駅の入り口はすぐに見つかった。蚤の市のあるポルト・ドゥ・ヴァンヴの駅まではわずか3駅なのですぐに着く。…はずなんだけど、券売機の使い方で迷って時間を喰う。英語の画面は選べても意味を大雑把にしか読めて無いので、正解に辿り着くまで2〜3回のトライ・アンド・エラーが必要だった。一番よく解らないままだったのは行き先までの料金。確か同じエリア内では同一料金…という曖昧な記憶はあったんだけど、それをどうやって確認すれば良かったのか…。まぁ、数駅だし一番安い料金で良いだろ…ということで良しとした。
ゲーテ駅入り口
ゲーテ駅ホームに降りる階段
ゲーテ駅ホーム

 ゲーテの隣はペルネティ(Pernety)駅。この界隈にパリ生まれの友人(両親は日本人)の実家がある。以前その家の空き部屋で、3〜4日お世話になったことがあって、“ペルネティ”という発音には少し懐かしさを感じる。ただ、あまりこの駅からメトロに乗らなかったから、ホームを見てもあまりピンと来ないんだけど。
ペルネティ駅
メトロ12号線車内

 ポルト・ドゥ・ヴァンヴ駅から地上に出ると、ほんの1分かそこらで蚤の市をやっている通りに出る。この日…特に午前中は凄く寒かったし天気もどんよりしていたせいか、賑わっている…というほどの人出では無かった。まぁ、とにかく掘り出し物は何か無いかと端から歩き始めた。
ポルト・ドゥ・ヴァンヴ駅
ヴァンヴの蚤の市1
 ここの来たのは二度目だけど、いかにも骨董品という佇まいの価値のありそうなものから、誰が買うんだろう?という様などう見てもガラクタにしか見えないものまで、様々な古物が売っている。なので価格帯も相当な開きがあるが何れにしても交渉次第。僕らに明確な目的があった訳じゃないけど、お土産になりそうな小物がお買い得価格であれば…くらいの気持ちで歩き始める。そうでも無くても写真的には面白い被写体があって楽しい場所。
ヴァンヴの蚤の市2
ヴァンヴの蚤の市3
ヴァンヴの蚤の市4
ヴァンヴの蚤の市5
 下の写真、いろんな店のガラクタ箱を熱心に物色していた嫁さんが見つけたピッチャー。日本酒を燗して飲むのにちょうど良いんじゃ無いかと値段を聞いたら、1ユーロだった。即購入。良いの見つけた…と思ったら、そのあといくつも同じものを見た。どうやら相当出回っているものらしい。
ヴァんヴの蚤の市/ピッチャー
 そして一見して高そうだけど気に入ったものがあった。下の写真の携帯用のスコッチボトルとカップの3点セット。カップは縮められる様になっていてパタンと蓋が閉じてケースになる。磨かれたシルバー(メッキだと思うけど)と(多分)真鍮のマークの入ったデザインが美しくて値段を聞くと、なんと200ユーロ。半額まで値切っても1万3千円…。スコッチ・ウイスキーを携帯して飲む習慣がある訳じゃ無いし、値段を聞いた瞬間に物欲は覚めた。でも、美しかった。
ヴァんヴの蚤の市/携帯用スコッチセット1
ヴァんヴの蚤の市/携帯用スコッチセット2
ヴァンヴの蚤の市1
 古い二眼レフや蛇腹のカメラや、何のパッケージか解らないけど少し色褪せた感じが良いブリキ缶とか、それだけで絵になる。あと犬と。犬は蚤の市の売り物じゃないけど。こっちでは街中でも店の中でも地下鉄でもどこでも良く見る。
ヴァンヴの蚤の市6
ヴァンヴの蚤の市7
ヴァンヴの蚤の市8
 メトロの駅の方からマルク・サニェ通りを端から歩き始め、ちょうど500m来たジョルジュ・ラフネスト通りとの交差点で、蚤の市は進行方向右に鋭角に曲がって続く。その角でピアノ…では無いか、少し金属的な音の鍵盤楽器を軽やかに演奏しているおじさんが居た。動画を撮ったがこれこそ写真じゃ伝わらない部分。隣で演奏を直立して見ている子供が可愛い。
ヴァンヴの蚤の市9

 しかし、寒い。気のせいか時間が経つほど寒く感じてくる。まぁ、身体が冷え切った…ということだ。薄着な僕らがダメなせいだけど。その角にあるホットドック(だったかな?)のトラック屋台でコーヒーでも…と思ったけど、寒過ぎてどこか暖かい店内に入りたい気分。ちょっと足も疲れたし。
 で、一旦蚤の市を離れてカフェを探すことにした。ヴァン・ショ(ホット・ワイン)のある店が良い。トラムが走る広い通りまで出ると、交差点の角に少し大き目のカフェがあった。ビールサーバーがカウンター越しに見えたので、ここなら大丈夫だろうと入る。
 カウンターに陣取って立ててあったメニューを見るが、ヴァン・ショは見当たらない。すると嫁さんが近くに居た店員のおじさんを呼び、「ヴァン・ショが飲みたい!」とジェスチャー交じりに。飲食店に入った途端に躊躇無い。
 おじさんは「おう!あるぞ!飲むか!?」的な感じで答え、ヴァン・ショを入れてくれた。エスプレッソ・マシンのスチームでワインを温めたのがちょっと面白い。カフェだとこのやり方が普通なのかな。とにかく温かくて甘くて非常に美味い! おじさんにカメラを向けると、肘を付いて眼鏡をズリ下げポーズを取った。
ヴァンヴのカフェ1
ヴァンヴのカフェのおじさん
 すっかり身も心も温まり、蚤の市に戻る。
 店を出てすぐ、狭い(と言うかほぼ無い)前後スペースしか無い縦列駐車から、何度も切り返して出ようとしているルノー・トゥインゴが居たので、フランスらしいなぁ〜と動画を撮っていたら、少しして向こうの女性ドライバーも僕に気づいて車を動かすのを止め、僕の方にスマホを向けて写真だか動画だかを撮り始めた。一瞬まずかったかなぁ〜と撮るのを止めて「あっ、ゴメン」とテヘペロ的なジェスチャーしたら、向こうの女性も笑っていた。…と言う訳で、写真は無い。

 残るジョルジュ・ラフネストル通り側の、100mほどの距離に並んだ青空店舗を歩く。ただ、もう昼過ぎになっていたので徐々に店をたたみ始めていた。
ヴァンヴの蚤の市10
ヴァンヴの蚤の市11
ヴァンヴの蚤の市12

 端まで行って引き返し、最初に見始めた場所まで戻りながらショップをおさらい。ただ、既に店を片付け歩道の路面が増えて来ていた時間帯だったけど。結局戦利品は1ユーロの“徳利”だけだったのは、若干残念感。イタリアの蚤の市に期待して終了。

 さて、腹減った。どこかに移動してランチだ。

>続き


■結婚5周年記念旅行 過去INDEX
4.モンパルナスの朝市
3.RER車内とパリの宿
2.パリへ
1.出発準備 編
たまに行く旅行のこと。 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.moriy.net/trackback/1334537
この記事に対するトラックバック