blog di moriy

blog
travel
movie
profile
home
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ルノー・トゥインゴ(初代)が好き。 | main | 7月のもてぎライパの話。 >>

喜寿。

 ちょっと前、先月30日の話。

 7年前、両親の古希の祝いということで、当時まだ独身だった弟と離婚したての僕との家族4人で、お台場のホテル日航東京で記念撮影と食事をしたことがあった。それが何年前だったかはすっかり忘れていたんだけど。先月お盆に帰省したときにそんな話も出なかったし。
 帰省から戻って何日かしてから弟からメールが来た。「ホテル日航東京が9月一杯で営業終了するらしいんで、その前に一度みんなで行きたいんだけど、来ない?」と。なんか日航東京が無くなってしまうのがちょっと寂しいと言うのだ。ホテルは10月から“ヒルトン東京お台場”になるらしい。ちなみにこのときもまだ“喜寿”の話は出ていない。
 なんで弟がそんなにホテル日航東京に思い入れがあるのか不思議だったんだけど、どうやら会社の海外出張で貯めているJALのマイルが使えるので、時々食事なんかに来ていたらしい。勿論僕は7年前に一度行ったっきり。
 まぁ兎に角、親父と弟夫婦と生まれたばかりの姪っ子達は一緒に食事&宿泊をして、ついでにまた家族写真を撮ると言うんで、我が夫婦も記念撮影と食事だけ参加することにした。このときもまだ、僕は親父の“喜寿”には気付いていない。

 前回は食事の前にたまたま少し時間が空き、急に思い付きで記念撮影することなったんだけど、今回は前もって写真スタジオも予約したので、待ち時間もほとんどなくスムーズに事は進行した。
 撮影直前スタジオの女性に「ご家族で何かの記念ですか?」と聞かれたので、僕は「なんか、ホテル日航東京終了記念みたいです」と冗談交じりに返し、スタッフ側の作り笑顔を若干微妙な感じにしたんだけど、一瞬間をおいて弟が「まっ、今月は親父の喜寿の祝いでもあるんだけどね」とサラリと。そこで初めて知った。えっ?あっ、そうだっけ。今年は2015年。親父は1938年8月生まれ…で引くと。

 まぁ、そんな訳で、7年前から3人増えて1人減った同じ苗字の家族写真を無事撮影した。
ホテル日航東京/喜寿記念撮影1
ホテル日航東京/喜寿記念撮影2
 撮影後、7年前と同じ和食の店に移動。「さくら」という店。今回は人数も少し多いし赤ちゃんも居るので、弟は個室を予約していた。久しぶりに贅沢な雰囲気を味わった。
ホテル日航東京/喜寿お祝い食事1
 前回は和食も日本酒もよくわからないまま弟と2人でワインを飲んでたけど、この7年間で日本酒に対する舌は相当肥えて、それに合わせて(多分加齢もあり)和食がかなり好きになっていたので、ただ美味しいだけじゃなく心に沁みる。ゆっくりと楽しい家族水入らずの贅沢なお酒と食事になった。…あっ、祝いの席になった。
ホテル日航東京/喜寿お祝い食事2
ホテル日航東京/喜寿お祝い食事3
ホテル日航東京/喜寿お祝い食事4
ホテル日航東京/喜寿お祝い食事5
 個室を予約したからなのか、テーブル横にクーハン(と言うらしい。乳児用のカゴみたいな小さなベッド)が用意されていて、姪っ子はたまに一瞬ぐずるくらいでずっと大人しく寝ていた。約2週間ぶりの再会だったけど、何故かやっぱり可愛い。
ホテル日航東京/喜寿お祝い食事6
ホテル日航東京/喜寿お祝い食事7
 食事の後、その日泊まる弟夫婦と親父の隣同士の部屋の“見学”を兼ねてお邪魔し、少し休憩。部屋に入るなり早々に眠ってしまった喜寿の親父は良いとして、一人部屋で赤ちゃんの世話をする義妹には申し訳ないと思いつつ、弟と僕ら夫婦の3人でお台場のショッピング・モール内のイタリアンへ。喜寿の祝いには参加できなかったお袋の思い出話を肴にワインを1本空け、都内の僕らはゆりかもめの台場駅の改札口で弟に見送られて帰った(その後新橋でもう一杯…のつもりが、日曜夜で店がどこも開いてなくて仕方なく帰った…というのは秘密)。
ホテル日航東京/部屋からの夜景
 翌朝弟から、“ホテルのロビーでドラマの撮影中”とメール。『ホテルコンシェルジュ』というドラマのロケ場所だったらしい。へぇ〜、知らないけど「姉さん事件です」。
雑記とか。 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.moriy.net/trackback/1334524
この記事に対するトラックバック