blog di moriy

blog
travel
movie
profile
home
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コッパちゃんユーザー車検。 | main | コッパちゃんクラッチ修理&プチ・カスタム >>

腕時計ベルト

 ずっと前から自分の機械式腕時計用に作ってみようと思いつつ、中々始められずズルズルしていた革ベルトの製作。それがこの11月、ついに元々のベルトが革疲労(って言うのかな?)で切れてしまったので、ようやく重い腰を上げて合間合間で作ってみた。

ちなみに、これが切れたベルト↓
LIMESの切れたベルト1
LIMESの切れたベルト2

 作り方はなんとなくずっと想像していたので特に調べもせず、きっとこんな感じだろう…とパーツ分に最低限必要な少量の革の端切れを浅草橋界隈で数百円で仕入れ、どうせ自分のだし面倒だから…と、切れた革ベルトを型紙代わりに形をトレースして(手間を避けたおかげで縁のラインや縫い目に少し歪みが出てしまった)、期間にして3週間ちょい、実質的には多分まる2日くらいの時間で完成した。
コレ↓
LIMES用手縫革ベルト1
一応タンニン鞣しの牛革。クロコっぽい模様は型押し。

 まっ、パッと見綺麗だし、時計ベルトは処女作だし、雰囲気ガラッと変わったし、しばらく使えなかった腕時計をまた使える様になったから良いかな?という感じ。

 いやホントは、型紙端折ったせいで出てしまったガタガタの縫い目が気になって仕方ない…。でも、それ以外は特に今回の手順で問題はなさそう。問題は手順より、革の質そのものだった。
 下の写真の様に、革のフチをヘリ返したりせず(量産品はヘリ返す…し、LIMESのものそうだった)コバ(革を切った断面のこと)をそのまま出し、今まで作ったカバンや小物と同様にコバ面を磨いてツヤを出す方法で作ったのだけど、鞄教室で使っていた革は結構良い革だったので繊維がしっかり詰まっていて、最初にサンドペーパーで磨いてもコバ面が崩れるようなことはあまり無かったのが、今回浅草橋の革屋の店頭で端切れで売っていたのを使ったせいか、同じ“タンニン鞣し”の牛革なのにペーパー充てるとボロボロになって繊維が収まらない。

少しペーパー当てたところ↓
LIMES用手縫革ベルトのコバ1
そして何度も磨いたあと↓
LIMES用手縫革ベルトのコバ2
 タンニン鞣しの革のコバ面を磨くには“布海苔”を溶かしたものをコバ面に刷り込み、ひたすら布で磨く(磨く道具もあるけど使ったことは無い)。ペーパー充てて形を整え、布海苔で磨き、またペーパーで…という作業を繰り返す。ペーパーは木工でもなんでもそうだけどコバ磨きの場合も番数を上げていく。
 今まで、鞄教室で買った革を使っていたときは(このblogでアップしたモノは全部そう)、とにかく磨けば磨くほど艶やかになる…って感じで、それがまた面倒かつ楽しい作業なんだけど、今回はペーパーを充てる度に繊維がボロボロになる。かと言って、布海苔だけでなんとか整えようとしても形が整わない。艶が出ない。しばらく使って無かった布海苔のせいかな?とも思い、新しく煮出して作り直してみたけど結果は同じだった。ちょっとがっかり…。
(2014/12/27追記:ずっとタンニン鞣しの革だと思い込んでいたけど、それは隣の棚の端材では無い革のことで、買った端材はクロム鞣しなのかもしれない…)
 ちなみに、コバを磨くときは染色剤を使ってコバ面だけ濃い色にしたりもするんだけど、僕は革のそのままの感じが好きなんで色付けをしないのが好み。どっちにしても磨けば少し色が濃くなるし。

 まぁ、コバ面は革の質の影響が大きいんだなぁ〜なんてことを、良家(教室)で育った僕は今更気付いた訳だけど、想像で作った割には表面に膨らみを持たせるやり方や、縫い付けの手順なんかもわりとすんなりいって(手作業で革全体を薄く鋤くのは手間だったけど…。こういう作業が多いと鋤き機が欲しくなる)、とにかくパーツが揃った。
LIMES用手縫の革ベルト3
 さて、腕時計の革ベルトでズボンのベルトと同じ“尾錠”と呼ばれる金具で留めるタイプの場合、ベルトのサイズは使う人の腕に合わせて開けられるので、金具を通す穴は(通常)“ひとつ”あれば良い。これが自分専用品の証でもある。ただ、サイズの正確な測り方も調べずに見た目で開けてしまったんで、ポンチで穴を開けるときは若干緊張して何度も躊躇し中々ポンチを打ち込めなかった。結果的にピッタリでホッとしたけど。
LIMES用手縫の革ベルト4
 裏側の革はスウェード生地の端切れをスウェード側を使わずに表側を裏面にして貼った(ややこしい説明だ…)。この革もちょっとクセモノで、コバ面を磨くときに革が削れずどんどん内側に盛り上がってしまった。まっ、よく見ないとわからないけど。
LIMES用手縫の革バンド5
 とりあえず、この経験をそのまま嫁さんのLIMES用ベルトに生かす予定。
手縫いの革鞄を作ってマス。 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

僕も、腕時計のベルトには、しょっちゅう困っています。
最近は、NATOスタイルのナイロンベルトで、すべて対応しています。
皮はいいけど、まったく手が出ません。
なかなかいいものがないもの。

物の手作り、楽しいですね。うまくいっても、いかなくても。
徳山てつんど | 2014/12/27 6:14 AM
>てつんどさん
 久々の更新になりました。ちょっとご無沙汰しました。

 記事にも書きましたが、腕時計の革ベルトは小さいのですぐにできるだろうと、「やればできる(けどやらない)」的な感じで後回しにしていた案件でしたw

 ベルトもそうなんですけど、自分で革モノを少し作れるようになると妙に目が肥えてしまって、市販のモノで欲しいものが中々無い(あっても高い)のと、「こんなの自分で作れるよ」と思ってしまい、買えない。で、ボロボロになって使えなくなって、ようやく作り始める様です。
 今回は時計のベルト程度で良かったんですが、カバンとかもそうなんで、今手元にある革以外のカバン類も老朽化が進んでいます(笑)

 でも、ホント、自分で作ること、そしてモノが出来上がることは、何度やっても飽きません。
moriy | 2014/12/27 9:58 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.moriy.net/trackback/1334484
この記事に対するトラックバック