blog di moriy

blog
travel
movie
profile
home
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『パリ、恋人たちの2日間』 | main | 『Paris パリ』 >>

『パリ空港の人々』

1993年/フランス(原題:Tombes du Ciel)

トム・ハンクス主演のハリウッド映画『ターミナル』は、タッチこそ軽いけど結構面白くて好き。で、実は下敷きにした映画があると知って、観た。持論として、原作のあるハリウッドものは原作を超えられない(但し、予算は除く)と思っていたので(あっ、そうだ。「バニラスカイ」だけは原作以上かも)、是非とも観たかった映画。ついDVDを購入。
が、この作品は「ターミナル」とはストーリーがまったく異なった(いや、「ターミナル」の方が変えた)もので、いかにもフランス映画っぽい。若干不条理さも感じるもののそこはマル。密室劇的な部分もマル(「ターミナル」も舞台は広いけどある意味密室だな)。ジャルル・ド・ゴール空港のターミナル1でのロケというのも、知っている場所だけに親近感。「髪結いの亭主」のジャン・ロシュフォールが、かなり好きになった。原題は「空の墓」とか言う意味らしい。やはりそっちの方が邦題より良い。
一番良かったのは、本作を観て良かったと思えたし、トム・ハンクスの評価が下がらなかったこと。


【moriy感激度合い:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
goo映画の作品紹介
結構映画を観ます。 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.moriy.net/trackback/1079810
この記事に対するトラックバック